未来の祀り ふくしま Miraino Matsuri Fukushima

未来神楽、「天狗の羽織」。

衣装2016 試作品
こんにちは。

福島では、街路樹にミンミンゼミの声が聴かれるようになりました。

今年も、無事 地上に生まれたんですね。

精一杯の命の声…。

さて、今日は、今年のふくしま未来神楽の衣装について。

2016年、衣装を担当くださるのは、
昨年は舞い手としても参加していた
Noriko Ferryさん。

何と、アメリカに渡り、
ステージ衣装やコスチュームデザイナーとして活躍しておられたことが分かり・・・!

日本舞踊にも精通していらっしゃることから、
今回目指すところの神楽にはぴったり!
ということで、快くお引き受けいただきました。

予算も限られた中での、Ferryさんの提案は、
使われなくなった帯を集めること。

その帯で、
ふくしま未来神楽第三番のテーマである、
「天狗」の衣装を製作しようというのです。

実行委員会から各方面にお声掛けすると、
たちまち美しい帯を譲って下さる方々が…!

大切な思い出がたくさん詰まった帯もあることでしょう。
大切に使わせていただきます…。

Ferryさんが早速作ってくださった試作品。

みなさま、
どうぞご覧あれ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう