石見神楽も来福!未来の祀りふくしま2016へようこそ。

神楽(大蛇)1

こんにちは!

二年目の「未来の祀りふくしま」。

いよいよ暑い夏が訪れようとしています。

実行委員会は2月ごろより始動。

今年は、神楽をはじめとした伝統芸能や、
文化活動を通した人材育成やまちづくりについてを、楽しく美味しく学ぶ、
「未来の祀りカフェ」もスタート!

(詳しくはカフェページをご覧ください。
http://www.mirainomatsuri-fukushima.jp/cafe/
8月22日(月)のカフェ第2回では、
サンデーモーニング等のご出演でもおなじみ、
姜尚中(カン・サンジュン)さんがご来福!
ご出身地である熊本について、そして命、
ふるさとについてを語り合います。)

8月27日(土)、28日(日)に開催予定の未来の祀り「本祀り」の準備も、
着々と進んでいます。

今年の目玉の一つは、神楽のメッカ、出雲大社をいただく島根県から、
石見(いわみ)神楽の皆さまがお越しくださり(益田市石見神楽神和会様)、
荘厳な神楽「大蛇(おろち)」をご披露くださること。(演目は予定)

小さなこどもたちは、その大蛇の頭(かしら)や舞の迫力に、
もしかすると泣いてしまうかもしれません…
(なまはげ👹に出会った時のように…)

しかし、島根ではこどもたちにも大人気の演目だそう。

ぜひ、ご家族で福島稲荷神社へお越しくださいませ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう